金融の未来とSDGs

伝統的な金融から変革を促す金融へ

先日、漸く簡単な自己紹介をさせていただきました、バビーです。
私は金融機関に勤務しているので、本日は金融のことを少しお話します。


金融の未来を考えるうえで、近年、銀行4.0という世界観のお話を聞くことが増えています。
伝統的な金融から銀行4.0への変化とは一体どんなことなのでしょうか。

 

伝統的な金融とは

銀行の伝統的な業務としては、「決済」「金融仲介」「信用創造」があげられます。
皆さんが身近に感じるのは金融仲介でしょうか。銀行に預金を預けて、預かった預金を事業者等に貸出するというモデルですね。

 

リーマンショック

皆さんが記憶に新しいリーマンショック。
リーマンショックでは、「個人の欲望に従い、多くの資産(カネ)を獲得しようとした」という動きに一定のストップがかかりました。


それまでに、様々な投資手法が現れ、資産(カネ)が増えていきましたが、「それは本当に良いことだったのだろうか」と考える転機になったように思います。

ちなみに、私の肌感覚なのですが、リーマンショックまでは、銀行4.0の世界にあるような議論はほぼ無かったように思います。(不勉強でしたら、ごめんなさい・・)

 

 

新しい金融の形の模索

リーマンショック後、新しい金融の形を模索する議論が行われていきます。
CSR(企業の社会的責任)から、CSV(共通価値創造)への移行等、多くの議論が行われてきました。


そこで生まれた1つの葛藤が、「社会課題と利益のどちらが大切か」というものだと思います。
未だに「社会課題」に取り組むと「利益」を得ることが難しいと考える場合が多くあると感じます。
「社会に良いことをしようとすると稼げないよね」的なイメージです。

 

未来へ何を遺すか

「社会課題と利益」のどちらも両立し、「未来へ何を遺すか」を大切にする金融の世界観が、私は銀行4.0の世界観、未来だと思っています。


例えば、気候変動の問題。
私が普段業務をしている肌感覚(あくまで私の肌感覚)としては遠い世界のように感じます。
しかし、SDGsの文脈でいえば、「世界、社会と私たちは繋がっている」ので、他人事ではありません。


金融の未来は、「社会課題と利益」が両立する未来を創るために、社会課題解決をきちんと志向するものでありたいと考えています。

 

私の想い

SDGsにある「Transforming Our World(我々の世界を変革する)」というメッセージに呼応し、社会変革に少しでも貢献したいと思っています。


そのためには、「私たちの社会」「私たちの会社」「私たち自身」が一体何者であり、何をしていきたいか、どう進化していくのかに想いを馳せる必要があると思います。
エンジョイ!SDGsでの活動では、こんなことも考えるきっかけになればと思います。


こんなことを考えて金融機関に勤めている人間もいるのだと、少し感じていただければ、超絶ハッピーです。
バビーでした。

 

 

お問い合わせのご案内

『エンジョイ!SDGs』

※相談したいことがあ、依頼したいことがある

という皆様!! 以下のページからお問い合わせ下さい!

問い合わせフォーム

バビー

本業は金融機関勤務。 専門分野は、相続、事業承継、年金、資産運用。 会社での新規事業立ち上げも経験し、主力事業へ成長させる。 投資教育や研修講師も数多く実施した経験有。コロナ禍にてオンラインワークショップ多数実施。 「ワクワクして働く」人を応援していきます。

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です